名刺代わりのホームページを一番お得に制作、管理する方法

最高のホームページ(Webサイト)というものは存在しません。何をもって最高とするのかが曖昧だからです。

お洒落な見た目のページがいいのか、多機能なページがいいのか、人を惹きつける何かがあるページがいいのか、それは見る人によって違います。

ただし、ホームページに目的があるならば、それを達成する最高の方法はあります。

この記事は「ホームページを名刺代わりとして使いたい」という人に向けたものになっています。

名刺代わりホームページとは

名刺は5.5cm×9.1cmの紙です。この狭いスペースに書ける内容は多くありません。

会社名、所属、名前、連絡先の電話番号、メールアドレスを基本として、顔写真、一言メッセージ、会社のホームページアドレスくらいです。

この内容だけであなたの事業、商品およびサービスの情報をきちんと伝えることは難しい。これを補うのが名刺代わりホームページです。

名刺代わりホームページの内容は大体以下の通りになります。

  • 会社、個人、団体についての情報
  • 商品、サービスについての情報
  • 方針やメッセージ
  • 問い合わせ電話番号、FAX番号、メールアドレス

事業として必要な情報を最低限載せているホームページのことを一般的に名刺代わりホームページと呼びます。

名刺代わりホームページということで内容やページ数はそこまで多くはありませんが、おおよそこれらの情報が揃っていれば、仕事用のホームページとして利用できます。

名刺代わりホームページの役割

ホームページの意味や役割は様々ですが、ここでは名刺代わりホームページの役割についてまとめています。

事業、商品・サービスの説明

名刺だけでは伝えきれない情報をホームページに載せて、相手に伝えることができます。

言葉でどれだけ説明してもピンとこなかった相手が、1枚の写真で納得することがあります。

商品の良さをどれだけ伝えても反応が悪かった相手が、実際に利用したお客様の声を読んで購入を決めることがあります。

ホームページでは、事業や商品・サービスについての情報を、写真や文章を使ってより深く伝えることができます。

ちなみに、これらを突き詰めていくとページ数や内容が増え、名刺代わりホームページではなくなります(笑)

顧客の信用獲得

きちんとしたホームページがあれば顧客は安心します。逆に言えば、仕事をする上でホームページがないのは大きなマイナスです。

ホームページにかけるお金がない、事業としての意識が低いと見なされてしまい、それだけで相手にされないことが一般的になっています。ITから遠い業種や個人事業も例外ではありません。

業種や経営業態によってはFacebookページなどSNSを利用したページを使う方法がありますが、それ1つだけではよくありません。

Facebookページを運営する場合、それをメインのホームページと連携させる方法が効率が良く、一般的です。

金融機関の信用獲得

金融機関から融資を受ける場合、当然ですが審査があります。その際に、会社や事業のホームページは当然見られます。

ホームページがないことは非常に不利になります。日本政策金融公庫(国金)は、ホームページが無いと審査に通らないことがほとんどです。

あって当たり前のホームページがないと、それだけで取引相手として条件を満たしていないと判断されます。

事業用メールアドレスの利用

事業用のホームページを作る際には、事業用の独自ドメインというものを取得します。うちの場合だと、「simpleitsupport.net」の部分がドメインになります。

このドメインを使って、「aaa@simpleitsupport.net」「bbb@simpleitsupport.net」「ccc@simpleitsupport.net」などのようにメールアドレスをいくつでも作れます。

昔は利用するサービスによっては制限がありましたが、今ではデータ容量が許す限りいくらでも作ることが可能です。

フリーメールの「xxx@yahoo.co.jp」「yyy@gmail.com」や、プロバイダーが提供している「zzz@biglobe.ne.jp」のようなメールアドレスでもメールのやりとりはできます。

しかし取引先からすれば、「あぁ、この人は事業用メールアドレスを持っていないんだな」と判断されてしまいます。

さらに、ドメインを使ってメールアドレスを作った方が追加や削除などの管理が楽です。社員が増えた場合や新しいメールアドレスが必要になった場合でも、すぐに対応できます。

名刺代わりホームページのターゲット

上で書いたように名刺代わりホームページは内容やページ数が多くないため、検索エンジンの評価が高くありません。

例えば、あなたがフィットネスクラブを経営していて、ホームページを作ったとします。GoogleやYahooで「フィットネスクラブ」と検索しても上位に表示されることはまずありません。

(Googleに広告費を払うことでトップに表示させることはできますが、人気ワード(例えば「ダイエット」「サプリ」など)の場合はとんでもないお金が必要になります)

このため名刺代わりホームページのメインターゲットは、GoogleやYahooの検索でアクセスしてくる人ではなく、何かのきっかけであなたの会社や店舗を「既に知っている人」になります。

営業活動で名刺を渡した相手、お得意様の知り合い、チラシや広告を見た人、会社や店舗を見て気になっていた人、等々です。

こういった人がメインターゲットになるので、それに合わせて内容も考えていくことが重要です。

とは言っても、検索でアクセスしてくる人が全くいないというわけではありません。

名刺代わりホームページの目的

ここで初心に立ち返りましょう。何のために名刺代わりホームページを作るのかということです。

これは目的です。上に書いたような役割ではありません。

繰り返しになりますが念のために書いておくと、名刺代わりホームページとは、事業として最小限の情報を載せておくホームページのことです。

ページ数が多く、内容が充実しており、多くの機能を持っていれば、名刺代わりホームページとは呼びません。

名刺代わりホームページの目的はずばり、事業としての体裁を整えることです。

名刺代わりホームページを作りたい人の考え

名刺代わりホームページを作りたい人は、ホームページの必要性は知っているけど、ホームページ制作費、維持費をなるべく抑えたいという考えがあります。

ホームページのコストを下げる、もしくは他にあてることで利益を上げる、これは正当な考え方です。

ただし最低限の情報だけを載せたホームページにアクセス殺到とはなりません。アクセスが殺到しているホームページは、内容が豊富でページ数が多く、見る人にとってプラスになる情報が満載です。そうしないとアクセスは殺到しません、当然ですね。

名刺代わりホームページを作る場合、集客方法のメインはホームページではなく、他の方法とするのが一般的です。

目的を達成するための重要なポイント

名刺代わりホームページを作る、低コストで事業としての体裁を整えるために必要なポイントは以下の通りです。

  • 事業としてふさわしいデザイン
  • 制作費が妥当であること
  • 維持費が妥当であること

ポイントごとに、ちょっとだけ補足します。

事業としてふさわしいデザイン

見た目はとても大事です。どんなに素晴らしい商品・サービスを扱っていたとしても、見た目が悪ければ印象も悪くなります。

素人感が丸出しだったり、十数年も前に流行ったような古いデザインだと一瞬でナシと判断されます。信用を得るどころではありません。

凝った作りにすればいいというわけでもありません。複雑なデザインはページを開くのに時間がかかる、見る人にとって分かりづらい、流行りを過ぎればダサく見えるなどの問題もあります。

シンプルで清潔感があり、見る人にとって分かりやすく安心できるデザインが適切です。

制作費が妥当であること

ホームページにかかる料金はおおまかに分けると、制作費と維持費になります。

制作費は自分で作れば無料になります。できないことはないですがおすすめしません。

イマイチなホームページを無料で作っても、そのホームページが顧客を逃します。マイナスが大きくなってしまい、本末転倒です。

一定水準以上のホームページをつくるには時間がかかりますし、初心者は経験が少ないので実際にやってみると色々な問題が発生します。

ホームページを制作してインターネットに公開するには、写真や文章を用意するだけではありません。デザインだけでなく、サーバやシステムの環境設定が必要になります。

初心者だと1カ月以上かかることはよくあります。頑張ったのに途中で投げてしまったというのもよく聞きます。その時間を本業に当てて利益を得た方が賢い選択です。

ページ数が多くなければ、10~20万円でもホームページは制作できます。安過ぎる、高過ぎるところは何かしらの理由があります。妥当なところを選ぶのが正しい選択です。

維持費が妥当であること

ホームページを公開して、インターネット上で見える状態にしておくには維持費が発生します。ドメイン費用、サーバ費用、管理費用に分けられます。

無料サービスもありますが、事業用ホームページで無料サービスを使うのは絶対にやめた方がいいです。これは印象の問題ではなくリスクの問題です。

無料ということは、サービス提供者は利用者に対して責任を負わなくていいという事です。急なサービス停止、データの欠損などがあっても、無料で利用しているので何も保証されません。

頑張って作ったホームページがある日突然見えなくなった、さらにデータが消えてしまったなんてことになっても何も文句は言えません。

さらに無料の場合、独自ドメインではないので、メールアドレスが作れなかったり、制限がある場合があります。

管理費用について言うと、ドメインやサーバの管理、システムの状態を最新に保つ、セキュリティに問題がないかチェック、トラブル発生時の対応などをやるためには知識や経験が必要であり、手間がかかります。

内容にもよりますが、月額3,000円~10,000円程度かかることが一般的です。コンサルタント業務などが含まれると、さらに料金がかかります。

結論:納得できる業者へ依頼すること

名刺代わりホームページを作りたい人はお金をあまりかけずに、それなりの見た目のデザインを求めています。

ちょっと欲張りな要望かもしれませんが、費用対効果が高い、コスパがいいに越したことはありませんよね。

それなりの見た目のデザインというものを考えると、初心者がそれを作るためには相当な時間がかかります。最悪の場合、満足できずに完成せず、単なる時間の無駄になることも大いにあり得ます。

時間というのはお金と同じ、もしくはそれ以上の価値があります。どれくらい時間がかかるか分からないということは見積もり無しで仕事をしているようなものです。

だからこそ、内容と価格に納得できる業者へ依頼するのが最も妥当な選択です。

結局、制作にかかる時間やトラブル対応、保守管理の問題などを考えると、業者に依頼した方が安く、早く、確実に進められます。

シンプルITサポートのホームページ制作・管理

シンプルITサポートではホームページ制作、管理を行っています。

もちろん名刺代わりホームページにも対応しています。

ホームページ制作についてはコチラ

ホームページ管理についてはコチラ

名刺代わりホームページを作りたい方は、コストを抑えつつ事業の体裁を整えたいと考えているのではないでしょうか?

そういったニーズに対応するため、こちらから必要な情報をヒアリングさせていただきます。つまり、楽して事業用のホームページが作れます。

ホームページ制作に時間や気力を削がれず、本業に集中できるのでおすすめです。

千葉県船橋市周辺、首都圏周辺であればお会いして打合せすることも可能です。

ご意見、ご要望があればお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

Page Top