パソコン作業する人は要注意!虫歯じゃないのに歯が痛い!

仕事術

ついこの間、歯医者に行ってきました。たまに歯の痛みを覚えることがあったからです。ただ、つらい痛みがずっと続くということではなく、ちょっとした痛みがまれにある程度のことでした。

素人予想で虫歯の前兆かなーと思ったので、大事になる前に早めの対処をしようとしました。

ちなみに普段お世話になっている歯医者なんですが、1年前にあと1回来てくださいと言われていたにも関わらず、忙しさにかまけて予約日に行けず、結局そのまま行かなかったという過去があります。

歯医者で見てもらった結果、特に問題なし

私が最初に思ったことは、1年間行ってなかったことで怒られずに済んでよかったーでした。

それはおいといて、見てもらっても特に異常らしい箇所はありませんよとのこと。そんな事言われても痛みがあるのは事実だし、何も用が無いのに歯医者に来るような歯医者フェチでもないし、どうしたものかと。

むむむと困っていると、先生(妙齢の女性)が私の肩に触れ、探るように手を首に滑らせてきました。おや、ここは歯医者だよな?なんて考えていると、 「虫歯じゃなくても歯が痛むことはありますよー」と教えてくれました。

その流れで顎やら頬、こめかみなんかもモミモミされながら説明を聞く私。

虫歯以外でも歯が痛くなることはある

虫歯ではなくても、肩の緊張や歯を食いしばることで痛みが出ることがあるそうです。

私は普段から肩に力が入っているようで、マッサージやカイロで施術を受ける時は毎回と言っていいほど、肩が凝っていると言われます。そういう場所に来る人は大抵凝っているらしいのですが、その中でもかなりの部類だそうで。

肩の緊張からくる痛みはパソコン作業を長時間している人に多いそうです。そりゃそうですよね。

対策としては、姿勢を正すことと定期的に和らげること。姿勢については、猫背の前かがみだと頭が胴体に乗っかっていないから首に負担がかかるので、頭を後ろに引いて胴体に乗せるようにするのが良いそうです。

それプラス、1時間ごとに首や腕のストレッチ、あとはエア縄跳びなんかも有効なんだと。職場でやってたらちょっとヤバい人ですけどね。

歯を食いしばることについては、クセですね。普段の生活で身体に力が入る瞬間というのは無数にあります。しゃがんだ状態から立つ、荷物を持ち上げる、テレビを見ていて興奮する、等々…無意識に何度も行っています。

歯をかみしめる人、歯ぎしりする人に分かれるみたいですが、かみしめる人の方がより歯茎や顎周辺に負荷がかかり、それが痛みに繋がるそうです。これについては意識してクセを減らすことだけでなく、個人の型をとって作るマウスピースをはめて生活するという対処法がありました。

保険が効いて5000円程度。値段は型を取ることを考えると安いような気がしますが、日常的にマウスピースをはめる違和感などを考えて、私は購入しませんでした。

今後、虫歯じゃない歯痛をどうするか

虫歯じゃないので歯磨きでどうこうできる話ではありませんでした。そしてパソコン作業を今後やめるということも考えづらい。なので基本的には、

  • パソコン作業など、画面を見る姿勢を意識して正す
  • 長時間作業する時は定期的に休憩してストレッチ
  • 普段から上と下の歯の間を少しだけ空ける(噛みしめ予防)

という事で対処していこうと思っています。これでどうにかならなければマウスピース導入ということになりますね。ボクシング選手の気分を常に味わえるってことで良しとします。まぁ、自分のたるんだお腹だとボディブロー一発でマットに沈む自信だけはありますけどね…