たった2つ!ホームページの問合せを売上に変える基本原則

ホームページからの問い合わせはあるけど、売上が上がらない!

そういう経験がありませんか?

問い合わせ=いいことだとは限りません。

売上に無関係な問い合わせが増えると対応に手間がかかり、大切な時間を浪費してしまいます。

メールの返信には地味に時間かかりますよね?キーボードが苦手な人は尚更です。

今回は問い合わせの質を高める具体的な方法について書きます。

問い合わせのレベル

問い合わせにもレベルがあります。ここでは簡単に3つに分けます。

  1. 知りたい、興味がある
  2. 条件をクリアすれば買いたい
  3. 買う気満々

1が多いほど手間のわりに売上が増えません。これはよくない状態。

3が多いほど手間が少ないのに売上が増えます。最高の状態ですね。

1を少なくして、3もしくは2を多くすることが重要です。

レベル1.知りたい、興味がある

この問い合わせをした人は、あなたの商品やサービスについてもう少し知りたいと感じています。

しかしこれに対応しても、売上に繋がるかどうかは分かりません。

私も凄い長文メールで対応したのに、「分かりました、どうもありがとうございます」の1文で終わった経験があります。

もしあなたがその立場だったらどうですか?私はかなり凹みました(笑)

レベル1の問い合わせに手間をかけすぎるのは時間の無駄になります。できるだけ避けるべきです。

レベル1の問い合わせが多いのは、ホームページに明確な欠点があります。

レベル2.条件をクリアすれば買いたい

これはレベル1よりも売上に繋がる可能性が高い、いい問い合わせです。

ホームページを見た人はあなたの商品・サービスに魅力を感じています。

ただし価格や数量、内容、時間、納期など何らかの不明点があり、条件をクリアできるか分からない状態です。

ホームページを見た人が求めるものを提示し、条件をクリアできれば売上に繋げることができます。

レベル1の問い合わせよりも時間をかける価値があります。

レベル3.買う気満々

これはホームページを見た人があなたの商品・サービスを「よっしゃ、買ったるでー!」という状態です。

依頼や発注に近く、この問い合わせは売上に直結します。

ビジネス用のホームページはこの問い合わせの比率をできるだけ大きくすることが重要。

レベル3の問い合わせが多い状態は、優秀な営業マンが24時間フル稼働しているようなものです。

半自動的に集客できるのがホームページの強みなので、是非そういうホームページを目指しましょう。

問い合わせレベルの上げ方

ホームページの問い合わせレベルを上げるには基本原則があります。

それは「低いレベルの問い合わせの原因を潰していく」こと。

具体的には以下のような方法になります!

不明点・疑問点を解消する

想像してみてください。

あなたはどういう時に問い合わせをしますか?

問い合わせというと分かりにくいですね。店員さんに話しかけることをイメージしてください。

「卵はどこにありますか?」「別のカラーはありませんか?」「○○できますか?」

これらに共通するのは、「不明点・疑問点がある」ということです。

全部わかっていれば、聞いたり問い合わせたりする必要はありませんからね。

 

レベル1の問い合わせが多いのは、ホームページに書いてある情報が少ないからです。

正確に言うと、見る人が求める情報を見せることができていません。

見る人が求める情報をきちんと書いていれば、レベル1の問い合わせは減ります。

そして「レベル2、3の問い合わせをする」もしくは「問い合わせをしない」の行動に移ります。

 

「問い合わせが減ってしまうのはマイナスじゃない?」と考える方が結構います。

結論を言うと、レベル1の問い合わせは減った方がプラスです。

内容を知ったうえで商品・サービスを選ばない人は、元々あなたのターゲットではありません。

ターゲットではない人にアプローチするのは、時間や労力の無駄遣いです。

きちんと情報を書いておけば、見込みのないターゲットに手間をかけることがなくなります。

その分を他のことに回すことができる、これは大きなプラスです。

見やすく、分かりやすくまとめる

スマホやパソコンで、アプリやサービスを利用する時に「同意する」ボタンがありますよね?

「同意する」ボタンの上には大抵なっがーい規約が書かれています。

あの呪文のような文章、毎回すべて目を通していますか?

「はい!」と自信を持って答えられる人は少ないはずです。

人は基本的に面倒くさがりなので、ほとんどの人は全部に目を通しません。

これはホームページでも同じことが言えます。

 

どれだけの写真、動画、テキストを盛り込んでも、ホームページを見る人は自分の求める一部の情報しか見ません。

情報が載っているページがアクセスしにくい場所にあったり、表現が分かりにくかったら、多くの人は気づきません。

気づかれない情報は、書いていないのと同じことです。無意味、無価値です。

凝ったものでなくてもいいので、見る人が求める情報を、見やすく分かりやすく載せることが重要です。

まとめ

ホームページの問い合わせの質を高めるポイントはこの2つです。

  • ターゲットを想定して、全ての疑問点に答える
  • ターゲットが求める情報を、見やすく分かりやすく書く

これらのポイントを満たしているホームページは、売上に繋がる問い合わせが増えていきます。

 

Page Top